トップページ



▲大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒▲未使用品駒袋桐平箱付


タイトルをクリックするとヤフーオークション出品ページに移動します。
写真をクリックすると大きくなります。

大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒 大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒 大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒 大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒 大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒
大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒 大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒 大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒 大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒 大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒
大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒 大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒 大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒 大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒 大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒
大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒 大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒 大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒

▲大竹竹風作昇龍島黄楊赤系柾目彫将棋駒▲未使用品駒袋桐平箱付

 東京駒の流れを汲む最後の駒師、巨匠大竹竹風(ちくふう)の作品です。

 初代竹風は木地師であった父とともに奥野一香商店の職人松尾某の工房に駒木地を届けるうちに見よう見まねで駒作りを覚えた・・と聞いています。「竹風」はまさに現在唯一残った東京駒の本流と申せましょう。

 書体は「昇龍(しょうりゅう)」、明治の能書家昇龍斎の銘です。昇龍斎の本職は三味線弾き、明治の芸人の「粋」を今に伝える書体です。人気の「奥野錦旗」の原型となった書体といわれています。
 木地は御蔵島黄楊。赤柾とまでは行きませんが上柾目の味の良い木地です。赤柾まであと一歩という意味で「赤系柾目」と謳わせていただきました。ご覧のとおり非常に味のよい木地です。全ての駒の表裏を私のHPにUPいたしましたので是非ご覧ください(木地種表記は私見です写真でご確認をお願いいたします)。

 未使用品です。もちろん新品同様です。

 余り歩は1枚です。
 サイズ(縦*横*厚さ) 王将32.5*27.6*9.3  歩兵27.1*21.8*7.5
 写真の高級駒袋、内蓋付桐製平箱が附属いたします。



トップページ

Copyright (C) Tohsin, All Rights Reserved.