トップページ



▲初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒▲桐平箱付


タイトルをクリックするとヤフーオークション出品ページに移動します。
写真をクリックすると大きくなります。

初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒 初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒 初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒 初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒 初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒
初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒 初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒 初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒 初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒 初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒
初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒 初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒 初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒 初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒 初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒
初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒

▲初代竹風作錦旗島黄楊柾目盛上将棋駒▲桐平箱付

 影水・静山等と並ぶ東京駒の巨匠、初代大竹竹風(ちくふう)、大竹治五郎の作品です。

 大竹治五郎は奥野一香商店の職人松尾某に師事、駒作りを修行いたしました。戦後夫人の郷里の新潟に工房を移しましたが師の東京駒の「こころ」は変わることなく現在も二代目竹風大竹日出男師に引き継がれています。
 本作は作者銘が「竹凡」型。「風」が「凡」と読めることからマニアの間で「ちくぼん」などと呼ばれ珍重されている昭和30年代以前の初代竹風、大竹治五郎の手による作品です。竹風作品をして美術将棋駒としては「竹凡作」のものに限ると謳われました(堅正保夫著「駒と五十年」)。

 書体は「錦旗(きんき)」。「(駒の道は)錦旗に始まり錦旗に終わる」といわれるオーソドックス、それでいて奥の深い書体です。木地は御蔵島黄楊柾目。ご覧のとおり非常に味の良い木地です。

 スレ・ヨゴレ・若干の漆のヘリ等の時代感・使用感がございます。

 余り歩は1枚です。
 サイズ(縦*横*厚さ/約mm) 王将30.8*27.2*7.6  歩兵25.7*20.8*5.9

 撮影に使用いたしましたトウシンオリジナル、粋な内蓋付桐平箱が付属いたします。



 


トップページ

Copyright (C) Tohsin, All Rights Reserved.